ビデオ編集工房 宙

ビデオ編集工房 宙

「ビデオ編集工房 宙」はお客様の想いを大切にします。

タップして目次を開く

ホーム > 撮影のコツ  > 結婚式編 > メッセージ動画撮影のコツ

メッセージ動画・ビデオレターの撮影のコツ

  • 結婚式や2次会で、お友達から新郎・新婦へのお祝いのメッセージ動画や、余興動画サプライズで、プレゼントしたい。
  • メッセージ動画余興動画は新郎・新婦から、日頃お世話になっているゲストの方々への感謝の気持ちを表したい。
  • 結婚式や披露宴等で新郎・新婦からご両親へ感謝をこめて、感動的な映像で演出するメッセージ動画を贈りたい。
  • また、新郎や新婦からの想いのたけを綴った、お相手の方へのサプライズ動画を上映したい。
  • お友達や恋人のお誕生日などの記念日のオリジナルビデオレターをプレゼントしたい。

 等など、メッセージ(余興)動画や、ビデオレターをお創りになりたい方の為の、お助けページです。
このページでは メッセージ動画等を作る時に、どうしても避けられない、素材動画撮影の、テクニックやちょっとしたコツをご紹介します。 最低限、これだけ知って、撮影に臨めば今までとは違った、素材動画を物にする事ができます。
 共同作業でメッセージ動画をお作りになる時は、共有ドライブを使った素材集めが便利です。

結婚式の場合は会場のプロジェクタのアスペクト比に合わせます

  • 作品を結婚式や披露宴でお使いになる場合は、会場のプロジェクタアスペクト比を問い合わせてください。
  • アスペクト比と云うのは、画面の横対縦の比率です。
  • 因みに、まだワイド(16:9)に対応してない会場が結構多いので、ご注意ください。
  • ほとんどがスタンダード(4:3)またはワイド(16:9)です。
  • アスペクト比を強引に合わせる(コンバート)と、右上の様な不具合が生じます。
  • ビデオカメラには必ず、右の絵のようにアスペクト比の設定がありますから、会場のプロジェクタに合わせて設定してください。

コンバート


ワイド切換

ブレの無い安定した映像を撮りましょう

  • メッセージ動画に限らず、ブレのない映像を撮るのは、基本中の基本です。
  • 披露宴会場のお客様や、愛する恋人が画面を見て船酔いを起こしたら大変ですよね。
  • ブレの無い映像を撮るのは簡単です。三脚を使う事です。
  • どうしても三脚が手元になかったら、例えばカメラを机の上に置く等、工夫すると良いですよ。
三脚


ブレのない撮影

お天道様を背中にして撮りましょう

  • お祝いのコメント等、人様のお顔を撮る時は、逆光は厳禁です。
  • これも実現は、実に簡単、太陽がカメラマンの背中に来るように、コメントする人に立ってもらいます。
  • お天道様が無い時は、兎に角カメラマンは照明等の光源を背中に撮影する、と覚えて下さい。
  • それだけやっっても、帽子を被ってたり傘をさしてたりすると、お顔が黒っぽくなりますので、モニタで良く確かめす。
太陽を背に

白い物は白く撮りましょう

  • 「白い物は白く撮る」・・・当たり前ですよね。
  • 普通、ビデオカメラはお天道様のもとで撮るように設定されています。だからお外で撮ると白い物は白く撮れます。
  • これが、他の照明のもとで撮るとなると、事情が変わります。
  • つまり、動画の映像は光源の色に左右されると云う事です。
  • 光源に合わせて、ちゃんと白い物を白く撮る為には、ホワイトバランスを調整する必要があります。
  • 通常、ビデオカメラには予め予測される光源の種類が設定できるようになっています。
  • 室内で撮る時は、ホワイトバランスを、例えば「蛍光灯」、「白熱灯」等に合わせます。
  • ホワイトバランスを「オート」に設定している時は、調整に少し時間がかかりますので、少し間をおいて録画ボタンを押します。
ホワイトバランス

ホワイトバランス

本番の前後はちょこっと無駄撮りをしましょう

  • お客様の素材を拝見すると、コメントの始まりと、録画ボタンを押すのがほとんど同時、と云うのがございます。
  • もし、コメントとコメントの繋ぎに画面転換効果などを採用しようとすると、大切なコメントが少し削れてしまう事がございます
  • そこで、出来れば、「ハーイスタート」→5秒くらい→「本番」→5秒くらい→「ハーイ、良く出来ました」、 程度に余裕を持って撮影して下さい。
コンバート

ブレのない撮影

スマホでメッセージ動画・ビデオレターの撮影時はご注意ください

 最近、メッセージ動画ビデオレター動画素材をスマホでお撮りになるケースが増えてきました。 最新のスマホは画素数も1眼レフやコンデジに劣らず高精細になって、作品の仕上がりもそれなりに 綺麗な動画になります。
 しかしながら、あまり皆さんがお気づきにならない、落とし穴もございますので、素材をお撮りになる際は、 下記のような事柄にご注意ください。

縦長の画面撮影はやめましょう

  • スマホを使いなれた皆さんは通常動画も縦長で撮影してる方が多いみたいですね
  • 特に人物は、画面いっぱいに入れたくて、ほとんどが縦長ですね
  • 所が、プロジェクタやテレビで上映する時は。アスペクト比の如何に関わらず横長です
  • 右のサンプル映像でも分かるように、縦長だと上映する時の画面のほんの一部だけ使う事になります
  • 従って用途がメッセージビデオレターの場合は、なるべく横長で撮影するように心がけましょう
縦ダメ

ブレのない撮影

動画や静止画のデータはメール添付で受け渡しをしない様にしましょう

  • メッセージ動画やビデオレターは数人のお仲間の共同作業でお造りになる事が一般的です
  • 当然動画や静止画の撮影も複数の方々が複数のスマホでお撮りになる事があります
  • 複数の動画や静止画を幹事さんが集めて編集を依頼なさるって事はよくある話です
  • この際一番簡便な方法は画像データをメール添付で受け渡しする事ですね
  • 但し、この方法には落とし穴があって、サンプル映像のように画質が確実に低下します
  • 画質を落とさずにデータ受け渡しするには、USB接続やファイル共有等の方法をとって下さい

スマホからパソコンに画質を落とさずにコピーする方法はこちらからご覧になれます。

メール添付

メッセージ動画について詳しくお知りになりたい方はこちらに具体的な料金や構成例等を紹介しています。 まだまだ沢山の「こんな事出来る」がありますので、何なりとお気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。また、お仲間の 共同作業でメッセージ動画をお作りになる時は、共有ドライブを使った素材集めが便利です。

結婚式編のサブメニュー

お勧めのページ

代表からご挨拶

 「ビデオ編集工房 宙」は「お客様の想いを大切に、キレイに」をモットーに、 日夜感性と腕を磨き続け、お客様のお声かけをお待ちしています。
どうぞ、何なりとお気軽にお問い合わせくださいますよう、お願い致します。

代表 八坂 武人
〒841-0046 佐賀県鳥栖市真木町2087

その他のページ

ページのトップへ戻る