ビデオ編集工房 宙

ビデオ編集工房 宙

「ビデオ編集工房 宙」はお客様の想いを大切にします。

タップして目次を開く

ホーム > 撮影のコツ  > 中級編 > パンとチルト

効果的なパンとチルトの使い方

 動画撮影の基本はあくまでも固定ですが、広がりを表現したり、動く物を追っかける為に動画を横に振るパンニングや、 高さを強調するためのティルティング等の撮影のテクニックコツをサンプル動画付きでご紹介します。  これらのテクニックコツををしっかり理解して、効果的な動画を撮りましょう。
 これらのテクニックを取り入れた動画素材は、そのままカメラに眠れさせないで、 是非、こちらから動画編集のメリット」をご覧になって、 更に、動画編集のテクニックも頭に入れて頂いて、一生ものの動画作品に仕上げて見ませんか?

1)パンニングはここに気をつけましょう

  • カメラのフレームに入りきれない広大な風景などを収める為に、カメラを左右に振って撮影するのがパンニングです
  • 先ずは、どこから撮りたいのか、しっかり確認します
  • スタート、フィニッシュ位置を決めたら、体をフィニッシュ位置に向けます
  • 体を捩じって、スタート位置にカメラを構えます
  • 録画スイッチを入れ、そのまま10秒撮影します
  • そのままゆっくり滑らかに(10秒を目安に)カメラを動かします
  • フィニッシュ位置で約10秒撮影して、録画スイッチを切ります
  • スタートもフィニッシュも、長めに撮っておいて、動画編集で調整するのが無難です
  • パンニングは横の広がりを強調する為のテクニックですから、ブレを少なくする為にも、広角で撮るのがコツです
パン

2)ティルティングは高さを強調するテクニックです

  • それほど高くないけど、見ている人に高さを訴えたい場合はティルティングを使います
  • ビルなど被写体の全貌を撮りたい場合は、上から下へのティルティングを使うと効果的です
  • スタート位置で10秒程度(編集でカットできます)撮影
  • ゆっくり滑らかにフィニッシュ位置までカメラを振ります
  • フィニッシュ位置で10秒程度撮影して、録画スイッチを切ります
  • スタートとフィニッシュの録画時間が短すぎると、いったい何を訴えたいのか分からない 映像になりがちです。動画編集では短いシーンを長くする事は不可能ですから、 気を付けて撮影します
  • カメラを振る場合は、予め液晶モニタを見ながら、納得がいくまでリハーサルする事がお勧めです
  • ティルティング後を10秒程度(これも動画編集でカット)
ティルティング

3)画面の水平は必ず守りましょう

  • 画面の水平が守られていない映像は、なんとなく落ち着きのない映像になりがちです
  • 撮影に入る前に、背景に垂直なもの(電柱など)や水平なもの(水平線など)があれば、それらを基準に、フレーム全体の水平を合わせます
  • カメラを振らない場合はもちろん、パンニング等カメラを振る場合も、画面の水平を合わせたほうが、見る人に安定感を与えます
  • これらの事は、メインの被写体に神経が集中しがちですが、録画スイッチを入れる前に一呼吸置く癖をつけたいものです
  • カメラにガイドラインの機能があれば、ガイドラインを表示させて、水平な物または垂直な物に合せると便利です。
画面の水平

中級編のサブメニュー

お勧めのページ

代表からご挨拶

 「ビデオ編集工房 宙」は「お客様の想いを大切に、キレイに」をモットーに、 日夜感性と腕を磨き続け、お客様のお声かけをお待ちしています。
どうぞ、何なりとお気軽にお問い合わせくださいますよう、お願い致します。

代表 八坂 武人
〒841-0046 佐賀県鳥栖市真木町2087

その他のページ

ページのトップへ戻る