ビデオ編集工房 宙

ビデオ編集工房 宙

「ビデオ編集工房 宙」はお客様の想いを大切にします。

タップして目次を開く

ホーム > 撮影のコツ  > 上級編 > 原理や理論

マニュアル撮影に挑戦する為、少しだけ理論を勉強

 動画撮影の基本は、明るさ(絞り)・被写体の動きの速さ(シャッタースピード)・ 被写体の色合い(ホワイトバランス)です。
 ここでは、次の項目でマスターするマニュアル撮影の手法を身につける為、 ちょっと回り道ですが、撮影の三要素を勉強して、少しでもプロの技に近づけるよう、 準備をしておきます

1)露出

  • 撮影するためには、CCDやCMOSなどの撮像素子に適切な光量を照射する必要があります。その光量を露出といいます。
  • 露出は、絞りシャッタースピード・ISO感度の3要素の組み合わせで決まります。
  • 値の変化は、光量の2倍・1/2倍の変化が1単位となります。
露出

2)絞り

  • 絞りとは、レンズを通る光の量を調整するために、光を遮ってその一部だけ光を通すようにした仕掛けです
  • ビデオカメラの場合も、撮像素子が受光によって発生する電荷が飽和 して、撮影できなくならないように、絞りで調整します
  • 絞りの調整値はF値で表現され、F値を約1.4倍すると入光量は1/2になり、 F値を1/約1.4にすると入光量は2倍になります
  • 入光量を1/2倍とするよう絞りを調整することを「一段絞る」という言い方をすることがあります。
絞り

3)感度

  • ビデオカメラで言う感度とは、光の強さに対する撮像素子の反応の強さを云います
  • 感度はフィルムと同じで、100・200・400などのISO感度で表現します
  • 高い感度程、大きい絞り・短いシャッタースピードでも同じ光量が得られますが、画質は荒れます
感度

4)光量を決める要素

  • 適切な光量を決める要素は、絞りシャッタースピードです
  • 絞りを開くと、沢山の光が通り、短時間(シャッタースピードを短く)で適切な光量が得られます
  • 逆に、レンズを通る光が半分になるように絞ると、露光時間は(シャッタースピード)は2倍必要です
  • 撮像素子が受ける適切な光量を決めるもう一つの要素は、被写体の明るさです
  • 被写体の明るさも考慮して、適切な光量を決める為の、絞りシャッタースピードの関係は、 絞りを一段開けたら、シャッタースピードを一段速く、と言う関係になります
光量を決める

5)焦点距離

  • レンズの焦点距離とは、平行な光がレンズによって集まるまでの距離を云います
  • 一般に焦点距離が短いほど像が小さくなり、長い程像の大きさが大きくなります
  • 従って焦点距離が小さいほど「広角」(広い範囲が写る。画角が広い。)となり、
  • 焦点距離が大きいほど「望遠」(遠くの物を大きく写せる。画角が狭い。)となります。
焦点距離

6)絞りのもう一つの役目(被写界深度)

  • 被写界深度とは、ピントが合ってるように見える範囲(距離)の事を云います
  • 範囲が広いと被写界深度が深い、狭いと浅いと言います
  • 被写界深度は、絞りをあける(F値を小さく)・焦点距離を長く(望遠)するほど 浅くなります(背景がぼける)、当然同じ光量を得るには、シャッタースピードは速くなります
  • 逆に、絞りを絞る(F値を大きく)し、焦点距離を短く(広角)すれば、被写界深度は深くなり(被写体にも背景にもピントが合う)、 シャッタースピードは遅くする必要があります
被写界深度

7)シャッタースピードのもう一つの役目

  • もう一つの主要な役目は、被写体の動きの速さに合わせる事にあります
  • 例えばゴルフのスウィングのように、速い動きを正確に見たい場合は、シャッタースピードを短めに設定します
  • 逆に、動きの速いものを静止画と同じように、わざとブラせて動きを表現したい場合は、シャッタースピードを長めに設定します
  • もう一つ、蛍光灯など電源の周波数によるフリッカ(ちらつき)のある光源下で撮影する時は、周波数の逆数の整数倍になるように、シャッタースピード を設定すると、撮影した動画にちらつきが現れません
シャッタースピード


8)色温度

  • 昼間の太陽の光は白色光なので、白いものは白く感じます
  • 日陰に入ると光は青っぽくなり、逆に夕方になると光は赤っぽくなります
  • それでも人間の目は、超高速ホワイトバランス機能を持っているので、白っぽい物は白く見えるように出来ています
  • しかし、ビデオカメラは人間のような順応性がないので、周囲や被写体の色温度が 変化するにつれて、白いものでも青っぽく映ったり、赤っぽく映ったりします
  • 色温度とは完全黒体と考えられている、炭素を燃やす時に生じる色を その時の燃焼温度を表現したもので、絶対温度で表します
  • 色温度と様々な照明の関係はおおよそ下の図のとおりです
色温度

9)ホワイトバランス

  • ホワイトバランスとは、撮影現場の照明の下で、「白」を白とカメラに認識させる機能を云います
  • 一般的に、色温度が低い(赤に近い)程、色の差が大きいので、白熱灯などの色温度が低い照明での撮影では、ミスに気を付けます
  • カメラに入射する光の色温度と、被写体の色温度の違いにも注意する必要があります
  • 例えば、外光が入る体育館で、体育館の照明に合わせて色温度の低い屋内モードで撮影すると、外光が当たってる被写体は青っぽく映ってしまいます
  • 右の写真は、曇天下で「屋外モード」と、「屋内モード」で撮ったものですが、屋内モードだと、本来緑の葉っぱが青っぽく映っています
屋外モード

屋外モードで撮りました
屋内モード

屋内モードで撮りました

上級編のサブメニュー

お勧めのページ

代表からご挨拶

 「ビデオ編集工房 宙」は「お客様の想いを大切に、キレイに」をモットーに、 日夜感性と腕を磨き続け、お客様のお声かけをお待ちしています。
どうぞ、何なりとお気軽にお問い合わせくださいますよう、お願い致します。

代表 八坂 武人
〒841-0046 佐賀県鳥栖市真木町2087

その他のページ

ページのトップへ戻る