ビデオ編集工房 宙

ビデオ編集工房 宙

「ビデオ編集工房 宙」はお客様の想いを大切にします。

タップして目次を開く

ホーム > 撮影のコツ  > 初級編

撮影の基礎テクニック(初級者編)

  料理でも「材料で勝負が決まる」と言われているのと、全く同じ事が 動画作品でも言えます。 ここでは多くの動画撮影動画編集に携わった 経験から、 「魅せる動画作品」を作るために、素材動画撮影基礎的なテクニックコツを 紹介します。 ここでご紹介する、基礎的なテクニックコツを完全にマスターすれば、初心者でも見違えるような動画素材が撮れる事、請け合いです。 後々まで楽しめる「ご旅行の記録」や結婚式等のイベントなどの 撮影にお役立てて下さい。
 動画撮影や、動画編集の事は、こちらからお気軽にご相談頂ければ、早急にお応えいたします。

カメラの安定が上手な撮影の第一歩

準備編のページへ

「良い映像」とは、安定していて見やすい動画の事です。安定した動画とは、映っている人物や 風景が、フラフラブレていない事です。ブレのある映像は見ていて落ち着かないどころか、 ひどい時は船酔い現象を起こします。
動画編集ブレのあるシーンはカットできるとはいえ、どうしても物語の継続性を保つため、 カット出来ないシーンもあります。  ここでは、どうしたらブレのない、安定した動画を撮れるかと云う、撮影テクニックを 紹介します。


ビデオカメラの構え方

「ハレの日」

  動画撮影は大人の目線で撮影すると、大人が見ているように、子供目線で撮影すると 子供が見ているような画面になります。
 この事をアイレベルと云いますが、人物を撮影する場合は被写体の目の高さで 撮影するのが原則です。ここでは各アイレベルに合わせたアングルのカメラの構え方を紹介します。



太陽を背に撮影

カメラをメモ代わり

   屋外で撮影するとき、日差しが強く太陽の方を向いて撮影すると、間違いなく 人物の顔は真っ黒になってしまいます。動画撮影に当たっては常に太陽の位置と被写体の 位置関係を気にして撮影するように、習慣づけましょう。
 ある程度動画編集で補正は可能ですが、素材の良さにはかないません。ここでは、 順光と逆光の場合の動画撮影コツを紹介します。



撮影する範囲や位置を決める

七五三動画

 何時も同じ位置やアングルから撮った動画映像は、いまひとつ面白みに欠けますね。構図の基本には アングルサイズがあります。この二つを使い分けして、組み合わせることで、変化に富んだ 動画を撮る事が出来ます。
 ここでは、アングルサイズの基本を紹介します。



 動画編集を施した動画作品のサンプルは、こちら 動画ギャラリーをご覧ください。 また、動画編集料金に関しましては、こちらに料金の計算 例や、料金がなるべくお安く出来る様なコツ等を紹介しています。
 また、料金の計算や見積もり依頼が御面倒なお客様の為に、 簡便でお得な格安動画編集パックも準備していますので、一度覗いてみてください。

初級編のサブメニュー

お勧めのページ

代表からご挨拶

 「ビデオ編集工房 宙」は「お客様の想いを大切に、キレイに」をモットーに、 日夜感性と腕を磨き続け、お客様のお声かけをお待ちしています。
どうぞ、何なりとお気軽にお問い合わせくださいますよう、お願い致します。

代表 八坂 武人
〒841-0046 佐賀県鳥栖市真木町2087

その他のページ

ページのトップへ戻る