ビデオ編集工房 宙

ビデオ編集工房 宙

「ビデオ編集工房 宙」はお客様の想いを大切にします。

タップして目次を開く

ホーム > 撮影のコツ  > 初級編 > 位置や範囲の決め方

サイズとフレーミングを上手く使って変化に富んだ撮影を

  いつも同じ位置や角度から撮影した動画映像は、いま一つ面白み に欠けます。 構図の基本にはサイズフレーミングがあります。   この二つを使い分けして、組み合わせる事で、変化に富んだ映像を 撮る事が出来ますので、サイズフレーミングコツを紹介します。   動画撮影や、動画編集の事は、 こちらからお気軽にご相談頂ければ、早急にお応えいたします。

基本的な撮影のサイズ

ロングショット

  • ワイドな広い映像で「いつ」「どこで」など、大まかな
    説明的なショット
  • 被写体のある場所、置かれている状況を分かりやすく
    表現します
ロングショット

ミドルショット

  • ちょうど中間的な普通に撮影するサイズ
  • ロングショットでは分かりにくい部分を、丁重に説明します
  • 被写体の具体的なイメージを見せる
ミドルショット

アップショット

  • 大写しにするような、寄り切ったサイズ
  • 細かな状況や、注目点などを表現します         
  • ここが面白い、ここが変わってる!!
アップショット

人物を撮るときの基本サイズ

フルショット

  • 人物の全身を撮るのがフルショットです
  • 頭の上と足のしたに頭一つ半程度を開けます
  • 頭や足が画面の上下端にくっついてしまうと、窮屈です
  • 頭切れや足切れにならないように気をつけます
フルショット

ウエストショット

  • おへその辺りから上を撮るのがウエストショットです
  • だいたいベルトよりちょっと上が自然です
  • ここでも頭の上は少しだけ開けて撮ります
ウエストショット

バストショット

  • 文字通りバストより上を撮るのがバストショットです
  • バストショットは頭の上は開けなくても構いません
  • 頭の上を開けなくても、不自然には感じないはずです
バストショット

クローズアップ

  • 最もアップで撮るのがクローズアップです
  • 鼻の先っちょを画面のど真ん中に持ってきましょう
  • 正面向きや右向き左向きにチャレンジしましょう
クローズアップ

構図の基本的な考え方

日の丸配置はダメ

  • 被写体を中心からちょっとずらします
  • 動きがより強調された映像になります
  • 被写体を中心におきがち(日の丸配置)ですが、ちょっとの工夫で良い映像が撮れますよ
日の丸配置

進行方向の余白を多くとる

  • 右に進もうとしている被写体映像の左側に配置します
  • そうする事で、映像がよりダイナミックに撮れます
  • 逆に右に進んでる被写体を右側に配置すると、息苦しい映像になります
余白

三分割法

  • 画面をタテ・ヨコ共に3分割します
  • 図の○印のどこかに撮ろうとした被写体のポイントを配置します
  • あなたが動画を見る人になにを見せたいか?見せたい方を2/3映しこむと、あなたの主張がはっきりします
三分割法

初級編のサブメニュー

お勧めのページ

代表からご挨拶

 「ビデオ編集工房 宙」は「お客様の想いを大切に、キレイに」をモットーに、 日夜感性と腕を磨き続け、お客様のお声かけをお待ちしています。
どうぞ、何なりとお気軽にお問い合わせくださいますよう、お願い致します。

代表 八坂 武人
〒841-0046 佐賀県鳥栖市真木町2087

その他のページ

ページのトップへ戻る